オオカミの子育てと
ゲシュタルトセラピー

アメリカ合衆国の中で、ほぼ絶滅に追いやられた生きものが
2種類あるといわれている。
それはオオカミと
インディアンと呼ばれたネイティブ・アメリカン。

オオカミに学ぶ子育て

オオカミの信条

年上の者を敬い
若者を教え導き
群れに協力せよ
 
遊べるときは遊び
必要なときは狩り
そうでないよきは休息せよ
 
愛情を分かちあい
感情を声に出し
おのれの在り方を示せ
 

オオカミの4つの力

・個性
・忍耐力
・コミュニケーション
・チームワーク
 
 狼は血縁関係にある約4~8頭の”群れ“で協力しあいながら生きる。彼らは、厳しい自然の中で生き抜くために狩りに長けている。50㎏程度の小さな体で、約1tのバッファローに狙いを定め、諦めずにとことん追い詰める忍耐力
 
目で巧みに合図を交し合いながら、情報を仲間に伝えあうコミュニケーション能力
 
走りの得意なものが獲物を追い詰め、待ち伏せした者とで挟み撃ちし、繰り返し噛みつくなど、一匹一匹の個性を生かしチームワークで狩りをする。 
 
 昔、「インディアン」が、狼から狩りを学んだのと同じように、現代社会において、オオカミの「生きる智恵」や“仲間と共に生きるたくましさ“から、家族や人間関係のあり方、教育方法などを学ぼうという試みが進んでいる。
 
同時に地球環境の観点から、”自然と共に生きる“ネイティブ・アメリカンの暮らし方も、子ども達の未来のために注目されている。 
 
(参考:マザーアース・エデュケーションのウルフキャンプ資料、DHC刊 狼たちの知恵、ノートのメモ書きより)

インディアンの教え

自然から学ぶ生き抜く力

都会に住んでいると自然への感覚が鈍くなってしまう。
大地と切り離された生活をしているのだから、
そうなってしまったからといって不思議かることひとつもないとネイティブ・アメリカンはいう。
 
離れている時間が長くなれば、自然の変化を「いやな予感」「不吉な前兆」としか感じとれなくなってしまう。
 
分からない相手を目の前にすると不安になる。
感覚が鈍くなってしまったことが、怖れを招くからだ。
 
そんな状態が進めばやがては麻痺して、恐怖すらも感じなくなってしまう。
感じる力が弱まれば、生き抜く力さえ弱ってしまう。
 
 (引用:株式会社 ワールドフォトプレス インディアンという生き方) 
 
ゲシュタルトセラピーは、生き抜くのに必要な感じる力を培います。
 

 
 

 

知恵の土台は自然界  

 

インディアンたちは、自然界から生き方を学んだ人たちだ。
ゲシュタルトセラピーは、人間を自然の一部と考える。
 
怖れも、怒りも、喜びも悲しみも自然なこと。
内側にある生きようとする力の現れだ。
 
否定せずに、避けずにいることで、
真実に触れることができる。
 
セラピールームちるどれんは、
インディアンが学んだオオカミの子育てと
ゲシュタルトセラピーを土台に、
不登校、ひきこもりの子どもを持つ
家族の支援を行っている。

 

 子どもは過去と未来を結ぶ橋 

 

ネイティブ・アメリカンたちは子どもを大切に育てる
ひとりひとりが未来へつながっているから。
 
『私たちが、今ここにいられるのは七世代前の先祖が子孫のことを考え、水を、土地を、空気を、森を、山を、緑を、動物を、魚を、守ってきてくれたから・・・。』
 
子どもたちのなかに正しい種を蒔いてやること、
  未来への橋を正しくかけることが
部族の命を伝えることになる。
 
 
彼らは信じる。
  自分たちが生きているのは、今だけではないと。 
 
彼らは今という時を
  先祖が教えてくれたことを 大切にして生きている。
 
(引用:株式会社 ワールドフォトプレス インディアンという生き方) 

会員制サポート

会員特典

 

詳細を見る


 


ブログ

ひとの想いは、何億年も前の先祖から今に受け継がれているのです。
今の時代を生きている奇跡の生命(いのち)に感謝し、未来の子ども達に美しい地球を残していきたい。

詳しく読む