実際にセラピールームちるどれんで相談された方、相談会やゲシュタルトワークに参加された方のリアルな声をご紹介いたします。
※一部文章を省略したり名称を伏せたりしています
※イラスト似顔絵はイメージです

30代Aさん(ゲシュタルトセラピーグループワーク)

怪しそうだけど全然怪しくなく救われました。

わたしは、チック症で人といる時とても疲れてしまいます。
そんな悩みを解決したくて、たまたま見つけたのがこちらのセラピーでした。
実は、怪しそうに思えていたのですが…、参加してみたら全く怪しくなく、皆さん優しく、本音を話せました。
セラピーもきちんとしてくださって、体の感覚を味わい、安心でき、肩の力を抜くイメージを定着させることが出来、今では外でも楽にいられるようになりました。
チックの人以外でも、人間関係や痛みなど何か辛い方にぜひ受けて欲しいセラピーです。

ワーク以来、あけみんさんに教えてもらったように、私の周りにはイメージした個室があると思って過ごしています。母と生活してる日常生活、外に出る時、いつも薬を6錠飲んでいたのですが、処方通りの2錠でチックもあまりでず、リラックスして過ごせるようになりました!

色々苦しんでる人にもっとゲシュタルトセラピー受けて欲しいと思い、ささやかながら応援のつもりで感想書かせて貰いました。

Mさん(ゲシュタルトワーク)

明美さんのワークを初めて受けた時にただ話しただけなのに「ストン」と何かが落ちてきて、「あ、そうか!」と言う気付きの感覚に気持ち良さを覚えました。相談内容に答えを言ってくれるのではなく、自分自身の気付きに導いてもらう事で自分の中で沢山の新しい発見が沢山あったのですが、自分がいかに「こうあるべき」に捉われてたんだなと言う事がわかりました。

息子が不登校になり、色々調べたり参加したりと自身の問題は解決できていたと思っていたのに、まだこんなにあったと言う事が衝撃で、もっと初期の頃に出会いたかったなと思います。人の心って思考で動かされてる分、思考が間違った方向へコントロールしてるんだなと言う事がすごく実感できる体験で、言葉で説明するには難しい分、みんなに味わってほしいと思うワークです。また明美さん自身のお人柄のお陰で、参加される方もみなさん心地よい方ばかりでワークだけでなく、皆さんにお会いするのも楽しみの一つになってます。

子育てゲシュは不登校の悩みに限定されているわけではないので、仕事の悩みや自分自身の悩みなどなんでもワークに取り入れられるのも有り難いです。ママを元気にする為のワークの会も明美さんらしい気付きで生まれた会だと思います。

Oさん(個人セッション)

田舎に移住して、この1ヶ月、たくさんの気付きがあり、なかなか濃い日々を送っています。そんななか、いつも、あけみんを思い出しては、あけみんは素晴らしいカウンセラーだと思い返しています。いろいろ気づいていく中で、無意識にジャッジしている自分や、ジャッジしてくる人(笑)を、だいぶ客観視できるようになりました。
だからこそ、わたしは、アケミンの素晴らしさを感じています。アケミンは、本当に、器が大きくて、包んでくれます。

Tさん(個人セッション)

自分の感情を具体的なイメージにすると客観的に自分のことを捉えられて、今までだったらマイナス方向に考えて自己嫌悪に陥るところにブレーキをかけられるような気がしています。
今日最初に話した、お腹の中の風船に加えて”カタブツちゃん”も増えて自分なんだけれど、力強い味方が増えたような気分です!
つい今朝までは自分を苦しめる呪いのようなものだったのに、不思議ですね。

Sさん(個人セッション)

ありがとうございました!
まわりのいろーんな声にギューってなってた自分も発見しました。私は自由✨守られていることに感謝しつつ、人生楽しんでみます!

Mさん(家族相談会)

今まで、家庭から背けたくて家にいると自分が辛いって思っていて背けて自分一人ハッピーになっていました。でも、まわりの人もハッピーになると私も元気100倍ですね。東京には、自分のスキルアップで行く機会はありましたが、今回このような家族のことで行ったのは初めてでした。最初は、主人にも反対されましたが、行ってきなと送り出してくれ、子供たちの朝の支度やってくれてありがとうと言います。今日、主人にありがとうと言いました。素直になれてうれしい日でした!

Sさん(家族相談会)

以前の相談会でお話をきいたステップサポーター、小学校へ申し込んでみました。それで先週からステップサポーターの方が週に2回来てくれるようになりました。大学四年生の女の子です。前回は家で子供と一時間くらい話をしたり、少し勉強をしたり過ごしました。三男はサポーターに先週会ったのですが次男は、前回も今日も会いたくないと言ってました。正確には、「あってもいいけど話さなくてもいい?」と言ってたので。 私も「全然話さなくてもいいよー」と伝えていました。でも今サポーターのかたと次男三男の三人、UNOで盛り上がってます(笑)。

Sさん(家族相談会)

実は、夏休みにやった不登校の会の集まりでお会いした、△△学園のY先生に、11月から息子がお世話になっています。週に一回だけですが、息子にとってはすごい進歩だと思っています。進学についても、チャレンジ校の◯◯高校を、受験すると言っています。受験に対してのやる気は、まだまだ少しの状態ですが、前に進む気持ちを持ってくれたことが嬉しいです。Children’s heartで、そういう出会いをいただけた事に感謝しています。

Mさん(家族相談会)

私は、自分だけが辛いくて苦しくて悲しいって思っていました。娘のことに対してイライラしてどうしようもなうけど、受け入れてあげようって気持ちと反対に出来るだろやれるだろってあったのでしょうね。いつも、声を押し込めて泣いていました。でも、鈴木さんの前に行くと何故か正直になれ溜まっていた気持ちと、背中を擦って頂いたあの温もり本当に安心絶命でした。人に触れて頂く、パワーを頂いたようでした。💧の意味しみじみ考えることが出来て帰ってからの自分の心の在りかたと言うか娘との接し方に影響ありましたが、不器用な私は普段の私になっていて、気持ち落ち着かせながらいます。

Mさん(家族相談会)

普通ってなんだろう⁉️学校に行かないのが普通ではない。私を悩ませ泣かせるのが普通ではない。と思っていました。個性なんですね。一人一人の個性なんです。5人の子供がいたら、同じ遺伝子同じ環境にて同じように育てたってみんな個々に違うのは分かっていても、やっぱりどこかで人並みにと思っていました。今日、本人の個性であって自己主張がしっかり出来ていることが分かりました。この一年間、私の枠にレールにのせようとしてもがいていました。本人も辛かったでしょう。大きなエネルギー使った一年間であったと思います。家にいて、いろんなこと考えたでしょう。不安であったでしょう。私は、娘が学校に行く行かないのではなく、その日その日幸せに過ごして楽に楽しく過ごしてもらえればいいんだ。

そして、家族にたくさん”ありがとう”が自分の心にあるけど照れくさくて言えない自分がいることを気づかせてくれて、そして、何故か、私の母が笑った顔が頭に浮かんで、今の母のありがとうが、今の私の言えないありがとうと同じであると発見。不思議なホントに東京に行って良かったです。

PAGE TOP